カテゴリー
労務・経営
清掃
警備・防犯
設備保全
ショッピングカートを見る
フリーページ
ご注文について
FAXでのご注文
お問い合わせ
東京ビルメンテナンス協会

住所:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目12−5
電話:03-3805-7555

rss atom

リスクアセスメントの手順(改訂第3版)


●東京ビルメンテナンス協会
●一般価格:税込1100円(税抜1000円)/会員価格:税込660円(税抜600円) 
●A4判 41ページ
●2008年12月 発売 2016年5月 改訂

商品概要

 ビルメンテナンス業の職場では様々な作業が行われており、業界の労働災害の現状は毎年増加しております。
 これまでは、危険予知訓練(KYT)やヒヤリ・ハット事例等による災害防止に取り組んできましたが着実な現象には至ってないのが現状です。
 リスクアセスメント(RA)はこれらのリスクを定量的に評価することによって、客観的な優先順位をつけ実行に移す取り組みです。
 この手順書が皆様の職場において活用され、従業員の労働災害を撲滅することに質することが出来れば幸いです。

目次

リスクアセスメントの手順
1. リスクアセスメントの概略
2. リスクアセスメントの目的・特徴・効果
3. リスクアセスメントの導入の検討
4. リスクアセスメントの開始の決定
5. リスクアセスメントの手順
(1)実施体制
(2)業務活動の分類
(3)危険源の特定
(4)危害を受ける可能性がある者の特定
(5)リスクレベルの見積り
(6)リスクレベルの評価
(7)対策案の検討及び対策後のリスクの再評価
6. リスクアセスメントを具体的実施方法
(1)ステップ1[危険源・(危険・有害要因)の特定]
(2)ステップ2[危害を受ける可能性がある者の特定]
(3)ステップ3[リスクの大きさの見積り及びリスクレベルの評価]
(4)ステップ4[対策の実施及び対策後のリスクの再評価]
(5)ステップ5[記録(RAの実施記録の保管)]
7. 化学物質のリスクアセスメントの実施方法
(1)ステップ1[化学物質による危険性又は有害性の特定]
(2)ステップ2[リスクレベルの見積り]
(3)ステップ3[リスク低減措置の検討]
(4)ステップ4[リスク低減措置の実施]
(5)ステップ5[リスクアセスメントの結果報告・周知]
8. リスクアセスメントの見直し
9. リスクアセスメントの具体例
資料
1. 宣言文例(資料1)
2. 実施体制の整備(資料2)
3. 危険性・有害性の発生の可能性がある災害の記載例
及びリスク見積りとリスクレバルの評価(資料3)
4.危険性・有害性の発生の可能性がある災害の記載例(資料4)
5. リスクアセスメントの実施例(資料5)
6. リスクアセスメントの実施記録(資料6)
7. リスクアセスメント演習用作業イラスト(資料7)
8. 化学物質のリスクアセスメント実施例(資料8)
9. SDSの参考例(資料9)
9. リスクアセスメント等実施規程(資料10)

定価

1,100円(税込)

購入数
一般価格
会員価格

公益社団法人東京ビルメンテナンス協会会員の方は会員価格を選択のうえ、「商品をカートにいれる」のボタンを押してください(会員割引価格が適用されます)。

※別途送料がかかります(1万円以上注文で無料)。詳細は  こちら でご確認ください。